2016年08月03日

プチ贅沢を味わえる本格フランス菓子!焼き菓子屋さん やきラボ

兵庫県明石市にある、「やき菓子のお店 やきラボ」さんに行ってきました。
子供の頃から焼き菓子が大好きで小学生の時にお菓子の道に進もうと決めたオーナー様♪
夢を現実に叶えたステキなストーリーがあるお店♪

~フランスでも修業した女性パティシエ~

JR大久保駅の北側、マックスバリューの近くに
2015年1月16日オープン!

場所は、第二神明大久保ICから車で3キロ。
大久保駅から約500メートル、徒歩10分ほど。

お店の前は、車通りの少ない静かな路地

「菓子家」の看板が目をひきます。



店内はシックな感じの落ち着いた空間になっていて
冷蔵ケースのお菓子と棚に並べてある小袋パッケージになった焼き菓子など


そのひとつ。。。ひとつが。。。丁寧に作られ
食べる人をほっこりとさせる。。。
焼き菓子たち


カヌレです
オシャレなイメージの「canelé(カヌレ)」
小さいのにそれなりにお値段が高い!
たまたま1つだけあったから、余計に欲しくなります。(笑)
いったいどんな焼き菓子なんだろう。。。
(((o(*゚▽゚*)o)))
カヌレとの出会いでした。。。♪

カトルカールとフィナンシェ
「カトルカール」とは“1/4 が 4 つ”という意味のフランス語で、「パウンドケーキ」のことらしいです。


2人掛けのイートインスペース

ドリンクを注文できるようでした。^-^

プリン(135円)を買って、こちらで頂きます♪
なめらかな口当たりのソフトな甘みがちょうどいい。。。
濃厚プリン!美味しかったです。


~やきラボの原点~

涼しい店内のカフェスペースで、おやつにプリン♪

そして購入した焼き菓子を撮影♪
やきラボさんのカヌレ&ポチ家カフェさんのボード

外側は黒めの焼き色が付いていて香ばしいく
内側はしっとりとして柔らかい食感のカヌレ♪(220円)

お米のフィナンシェ(150円)とカトルカール(140円) 

どれも笑顔がこぼれる美味しさです♪

炎天下のバイクのタンクバックだけでは
要冷蔵のプリンは買って帰れないな。。。と思いお店で頂いたのですが!
フィナンシェも、その横のカトルカールも要冷蔵仕様。

「冷蔵保存で脱酸素剤あり、なし、常温保存で脱酸素剤あり、なし。」の実験をして
その結果、美味しく食べる冷蔵保存になっているようです。
こだわりを感じます。

店主さんが保冷剤をつけて下さっていて、帰ってから気がつきました!
美味しく頂きました~♪

写真(下)右上の小さなケースはプチマドレーヌ(5個入り)(200円)です。
ハチミツ(カナダ産)とバターがたっぷりのミニマドレーヌ。
1口サイズの可愛らしいマドレーヌ♪ 

三角のはキャラメルナッツココ(220円)

【 やき菓子のお店 やきラボ 】
■兵庫県明石市大久保町駅前2丁目 10-8
■078-939-3186
■営業時間 10時頃~18時頃

■定休日 不定休

■やき菓子のお店 やきラボさんのブログはこちら
http://kyo-moyai.cocolog-nifty.com/yakirabo/


パンや焼き菓子を作っておられる職人さんは凄い!と思います。
そして、やきラボさんの店主さんも凄い!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

本格的なフランスの焼き菓子と出会える「やきラボ」さん
イベント等もあるようなのでブログを見てみるといいですよ~

ぷらっとバイクでカフェめぐり つづきます

☆ *・゜゚・*:.。..。.:*・'☆ *:.。. .。.:*・゜゚・* ☆
  


Posted by さくら☆カフェ at 23:19Comments(2)★兵庫県カフェ&パン明石市